Page 4

しいば予定候補写真

「しいば予定候補写真/ニュースやチラシ等で、自由にお使い下さい」

写真は右クリックで保存願います

総選挙の結果について

総選挙の結果について

(1)

10月22日投開票が行われた総選挙で、日本共産党は、小選挙区では、沖縄1区で赤嶺政賢候補の当選をかちとりました。「オール沖縄」のみなさんの力を総結集した結果であり、大きな勝利です。 比例代表選挙では、前回獲得した20議席(606万票、11・37%)から、11議席(440万票、7・91%)への後退となりました。たいへんに残念な結果です。全国の支持者、後援会員、党員のみなさんには、大奮闘していただきました。多くの方々から「比例は共産党」という激励もいただきました。それらを結果に結びつけることができなかった原因は、私たちの力不足にあると考えています。 総選挙の教訓と総括は、党内外のみなさんのご意見に真摯に耳を傾け、次の中央委員会総会で行います。 ご支持、ご支援いただいたみなさんに、心から感謝するとともに、次の国政選挙では必ず捲土重来を期す決意です。

(2)

今回の総選挙で日本共産党は、市民と野党の共闘を成功させることを、大方針にすえて奮闘してきました。日本共産党、立憲民主党、社民党の3野党が、市民連合と7項目の政策合意を結び、協力・連携して選挙をたたかいました。立憲民主党が躍進し、市民と野党の共闘勢力が全体として大きく議席を増やしたことは、私たちにとっても大きな喜びです。 私たちは、総選挙直前に、民進党が希望の党へ合流するという重大な逆流が生まれたもとでも、市民と野党の共闘を揺るがず断固として追求しました。共闘勢力の一本化のために、全国67の小選挙区で予定候補者を降ろす決断を行い、多くのところで自主的支援を行いました。この決断が、共闘勢力が全体として議席を伸ばすうえで、その貢献となったことは、選挙結果がはっきりと示しています。今回の対応は、安倍政権の暴走政治を止め、日本の政治に民主主義を取り戻すという大局にたった対応であり、大義にたった行動であったと確信するものです。 この選挙では、3野党と市民が連携・協力して選挙戦をたたかうなかで、全国のいたるところで「共闘の絆」「連帯の絆」がつくられ、私たちはたくさんの新しい友人を得ることができました。これは今度の総選挙で私たちが得た最大の財産であると考えます。日本共産党は、この財産を糧として、市民と野党の共闘の本格的発展のために引き続き力をつくすものです。

(3)

総選挙の結果、自民党・公明党は議席の3分の2を占めましたが、これは希望の党という自民党の新しい補完勢力が、野党共闘に分断と逆流をもちこんだ結果にほかなりません。自民党がえた比例得票は33%(有権者比17.3%)なのに、全議席の61%の議席を得たのは、もっぱら大政党有利に民意を歪める小選挙区制がもたらしたものであり、「虚構の多数」にすぎません。 総選挙で、日本共産党は、安倍暴走政治への審判を正面からよびかけるとともに、安倍政権を退場させた後にどんな日本をつくるのかについて、外交、経済、原発、憲法、核兵器――5つの柱で日本改革ビジョンを訴えました。どの問題も、今日の日本が直面している焦眉の課題と切り結んで、安倍政治に対する真正面からの対案を示したものであり、わが党ならではの先駆的なものだったと確信しています。 新しい国会で、総選挙で掲げた公約を実現するために、知恵と力をつくすことをお約束いたします。市民と野党の共闘を発展させ、憲法改悪阻止をはじめとした各分野の国民運動を前進させるために、全力をあげる決意です。

(4)

市民と野党の共闘を前進させながら、いかにして日本共産党の躍進をかちとるか――これは、新しい努力と探求が求められる課題となっています。私たちは、総選挙の教訓をふまえ、次の2つの内容での努力と探求をすすめる決意です。 第一は、日本共産党の綱領、歴史、理念をまるごと理解してもらい、共産党をまるごと支持してもらえる方を広げていく活動を抜本的に強めることです。こういう努力を日常的に行うことこそ、情勢が目まぐるしく大変動し、複雑な流れが交錯する今回のような政治戦にあっても、日本共産党の支持を着実に広げていく一番の力になります。第27回党大会決定では、「綱領を語り、日本の未来を語りあう集い」を、日本列島の津々浦々で開くことを呼びかけています。この党大会決定の実践に、全党のみなさんが生きた言葉、自らの思いを重ねて、大いに取り組むことを、心から呼びかけるものです。 第二は、日本共産党の自力を強めること――党員拡大を根幹にした党勢拡大にとりくむことです。私たちは、党大会決定を踏まえ、総選挙勝利をめざして、党員と「しんぶん赤旗」読者を拡大する運動にとりくんできました。全党のみなさんの大きな努力が注がれましたが、残念ながら、3年前の総選挙時と比べて、党員も、「しんぶん赤旗」読者も、後退させたままで、この総選挙をたたかうことになりました。 次の国政選挙、2019年4月の統一地方選挙での反転攻勢にむけ、全党のみなさんが、草の根から「集い」を開き、広範な国民と日本の前途を語りあい、党を強く大きくする活動にとりくむことを、心から訴えるものです。
はたの君枝のメッセージ
10月22日投票の総選挙で、比例の日本共産党と10区の私、はたの君枝へのご支持・ご支援をお寄せいただき、さらに大きくお広げいただき、本当にありがとうございました。
比例南関東ブロックで、日本共産党の志位和夫委員長と私、はたの君枝の2議席を確保することができました。 神奈川県での市民と野党の共闘では、日本共産党が小選挙区で候補者を降ろして1本化したところで接戦を制して勝利し、比例復活もあわせ5議席を勝ち取りました。
10区でも野党統一候補としてたたかった私、はたの君枝に、約5万票という過去最高の得票と得票率(22・3%)をお寄せいただきました。なんてん神奈川10区の会や、はたの君枝勝手連のご支援、そして、社民党や新社会党、緑の党など他党のご支援も初めていただきました。10区での押し上げが、比例で2議席目、私はたの君枝の当選に結びつきました。本当にありがとうございました。
野党と市民が連携・協力して選挙戦をたたかうなかで、「共闘の絆」「連帯の絆」がつくられたことは、今度の総選挙で私たちが得た最大の財産です。日本共産党と私、はたの君枝は、この財産を糧として、市民と野党の共闘の本格的発展のために引き続き力をつくします。 新しい国会で、公約実現、そして、市民と野党の共闘を発展させ、憲法改悪阻止をはじめとした各分野の国民運動を前進させるために、全力をあげる決意です。

日本共産党衆議院議員 はたの君枝

さいとう和子のメッセージ
一票を投じて下さいましたみなさま。
これまで、さまざまな面で支えて下さいました、みなさま、本当にありがとうございました。
残念ながら、千葉13区でも、比例代表でも、その期待に応えることができず議席を失う結果となりました。
大変申し訳なく、また、悔しい思いでいっぱいです。
市民と野党の共闘という、いまだかつてない状況の中で、選挙区を変更するなど、難しい中での選挙戦でした。
党員、後援会員、ご支援いただいた、みなさまの支えがあったからこそ、たたかい抜くことができた選挙でもありました。
立憲民主党が、議席を伸ばしたことは、今後展開されるであろう改憲の動きを止める上で、大きな力になる可能性があります。
前回21議席にしていただいた日本共産党の議席は、国会の中で、大きな存在感と発言力を発揮し、市民と野党の共闘を実現する力になってきました。 その議席が12議席と減った中で、ますます、市民のみなさまと連携したたたかいが、重要になってくると感じています。
私は、選挙戦の中でも訴えましたが、「戦争のない平和な日本」を子どもたちに手渡したい。
改憲の動きが強まるであろうことからも、憲法9条を守り抜く、地域の中での活動を、かつてない規模で発展させるために、力を尽くす決意です。
国会に送っていただき、地方議員のみなさんと連携し、秘書のみなさんたちに支えていただき、数々の成果や、現実政治を動かすこともできました。
2年10カ月でしたが、良い仕事ができたのではないかと思っています。
それだけに議席を失ったことは、申し訳なく、悔しいですが、2年10カ月の国会での貴重な経験を生かし、今後のたたかいの先頭に立って、がんばる決意です。 本当にお世話になりました。 ありがとうございました。

2017年10月23日 さいとう和子

選挙結果について(山梨県委員会)
衆議院選挙の結果について 2017年10月23日 日本共産党山梨県委員会 一、10月22日の衆議院選挙で日本共産党は、小選挙区では前回に続き沖縄1区で勝利しました。比例代表選挙では前回の20議席から11議席へと後退し、全体では12議席の結果となりました。山梨県・神奈川県・千葉県の南関東比例ブロックでは3議席から2議席に後退しました。 山梨県の比例代表選挙では3万432票(得票率7・38%)を獲得しましたが、2014年の前回衆院選から得票で29・6%減、昨年の参議院選挙比例得票から16・3%の減となりました。選挙区選挙では1区宮内げん候補、2区大久保令子候補の得票の合計は2万6734票、得票率6・41%でした。 選挙戦で日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、日夜をわかたずご奮闘をいただいた支持者、後援会員のみなさん、党員のみなさんに心からお礼を申しあげます。 今度の選挙では「自民党支持だが、安倍政権はやりすぎだ。比例は共産党に入れる」など、「比例は共産党」という激励を多くの方からいただきました。そうした期待を結果に結びつけられなかったのは、私たちの力不足です。力をつけて捲土重来を期してがんばる決意です。 二、今回の選挙で、日本共産党は、市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進をめざして選挙をたたかいました。全国的には、立憲民主党が大きく躍進し、共産党、立憲民主党、社民党の3党の共闘全体としては、議席を大きく増やすことができました。 山梨では昨年の参院選での宮沢ゆか野党統一候補の勝利につづき、今回の選挙でも市民と野党の共闘にさまざまな努力がなされてきましたが、残念ながら共闘は実現できませんでした。市民と野党の共闘を本格的に発展させるために今後も力をつくします。 同時に、今回の選挙戦の中で、日本共産党と市民団体や他党の方々との「連帯の絆」を深めることができました。1区の宮内候補の第一声で市民団体の方々があいさつして下さいました。志位委員長を迎えての街頭演説では、1区、2区とも党候補を推薦していただいた新社会党の県本部委員長にあいさつしていただきました。 今度の選挙で、たくさんの絆がつくられ、新しい友人を得たことは、たいへんうれしいことであり、今後のたたかいに生きると考えています。 三、今度の選挙戦で、わが党は、安倍政権を続けさせていいのかを正面から問い、「消費税増税は中止し、負担はアベノミクスで大もうけしている富裕層、大企業に求めます」「9条をもつ日本こそ、北朝鮮問題で平和的解決への努力を」などの政策を掲げてたたかいました。このことは、全体として国民の願いにかなったものだと確信しています。 衆議院選挙直前にたたかわれた富士河口湖町議選では、山下利夫町議が3期目の当選をかちとり、衆院選と同日投票となった身延町議選では、渡辺文子候補が6期目の当選をはたしました。11月には5日告示、12日投票の甲州市議選では川口信子市議が再選をめざします。 今後、選挙結果をふまえ、党内外のみなさんのご意見に耳をかたむけ、選挙総括を進めるとともに、掲げた公約実現に奮闘し、党の力を強く大きくして、次の国政選挙、地方選挙での躍進めざし全力をあげて奮闘するものです。
   
Return Top