日本共産党南関東ブロック事務所

新年のご挨拶

 新年おめでとうございます。新たな100年のスタートの年。統一地方選挙勝利と強く大きな日本共産党をつくるために元気いっぱいがんばります。
昨年11月のアジア政党国際会議で私は、戦争の心配のないアジアを築くために排他的でない包摂的な平和の枠組みをつくろうと提案し、総意で採択された総会決議は「ブロック政治を回避」し、「競争より協力をと宣言しました。軍事で互いの垣根を高くするのではなく、対話と協力の平和の枠組みをつくる――これがアジアの平和の流れです。
大軍拡・大増税で戦争国家へ突き進む岸田自公政権は、アジアの大逆流です。100年にわたって反戦・平和をつらぬく党の出番の年です。ともにがんばりましょう。

日本共産党委員長 衆議院議員 志位 和夫

 新年にあたり、皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

反戦平和を貫く日本共産党の歴史は、私の歩みでもあります。20代、湾岸戦争が起きた時、民青同盟の仲間とともに、いてもたってもいられない思いで、戦争反対をよびかけました。イラクに自衛隊を派遣した年の瀬、市民のみなさんとともに、ジョン・レノンの楽曲を流しながら足立区でパレードを行いました。この年末年始に、これまで以上にいてもたってもいられない思いに駆られています。
戦力不保持、武力行使も武力による威嚇も禁ずる憲法9条を持つ国が、どうして大量のミサイルを持つことができるのでしょうか。憲法9条こそが、平和外交の力であり、命と暮らしを守る土台だと、力の限り訴えようと決意しています。
いまこそ共同、いまこそ日本共産党。平和を求める声を多数派に。強く大きな党をつくるあらゆる努力を皆様とともに重ねてまいります。その力で、統一地方選挙を必ず勝利しましょう。
田村智子副委員長・参議院議員

2023年、新しい年を迎えました。日本共産党創立100周年を迎え、最初の1月。そして、次の100年に向けたスタートの年です。
100年前、平和を貫く唯一の党として誕生したのが日本共産党でした。女性が政党に入れなかった戦前の時代に、女性も日本共産党員として新しい時代を拓くために立ち上がりました。その歴史を振り返るとき、日本国憲法に実った成果を破壊させるわけにはいきません。
岸田政権の「戦争国家づくり」、大軍拡・大増税をストップさせましょう。日本共産党の「外交ビジョン」とアジア政党国際会議の宣言は、平和の対案を示しています。統一地方選挙勝利と強く大きな党づくりに向けて、私もご一緒にかんばります。

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

日本共産党演説会 2022年12月5日午後6時30分から、神奈川県民ホール大ホール

南関東ブロック事務所だより

Return Top