比例候補の決意

比例候補の決意

 

国政を私物化し、民意を踏みにじって、憲法破壊の暴走をすすめてきた安倍政権を倒す歴史的チャンスがやってきました。野党と市民の共闘をかならず成功させ、新しい政治への道をきりひらく決意でいっぱいです。3年前、1議席から3議席に躍進させていただいた南関東ブロックで、こんどは比例130万票4議席をかちとり、小選挙区でも壁を打ち破って勝利するために、候補者として、党の責任者として、知恵と力の限りをつくしてがんばります。

日本共産党委員長・比例代表候補 志位和夫

 

「加計・森友疑惑」隠しの冒頭解散は許せません。同時に今回の総選挙は、国政私物化、憲法破壊の暴走政治への国民の怒りが、安倍政権を追いつめた結果です。
2014年12月から衆議院議員として、安保法制、共謀罪法反対の論戦で、安倍暴走政治と正面から対決するとともに、就学援助の入学準備金・前倒しや、日立リストラから雇用を守る国会質問で、政治を動かしてきました。
総選挙で、南関東ブロックから日本共産党の躍進、神奈川10区での勝利で、野党と市民の共闘の発展、国民の声が生かされる政治の実現へ、全力でがんばります。

日本共産党比例代表候補 はたの君枝

 

国会に押し上げていただき早いもので、もうすぐ3年。
民意無視の強行採決が連発される異常な国会の中で、どんなに厳しい状況の中でも、数の多数に押しつぶされることなく筋を通し続ける日本共産党の議席の重みと値打ちを感じ続けた3年でもありました。8議席から21議席へ!躍進の象徴と言われ、皆さんと共に勝ち取った南関東ブロック最後の議席!
住民の願いを国政にまっすぐ届けるパイプの議席として、子や孫に平和な日本、日本国憲法をしっかり手渡すために必ず勝ち抜き、躍進を勝ち取るために全力でがんばります。

日本共産党比例代表候補 さいとう和子

 

「自民党倒して」「安倍さんから憲法守って」「共産党、本当にがんばって」─宣伝で寄せられた声を聞いて、安倍政権への批判の高まりと日本共産党へのかつてない期待を感じてきました。この声にこたえて、今回の総選挙で、安倍政権を退場に追い込むために、野党と市民の共闘の勝利、比例代表では、野党共闘の推進力である日本共産党の躍進で、私、岡崎ゆたかまでの4議席以上を獲得し、自公と補完勢力を少数派に転落させるために全力で奮闘する決意です。ご支援よろしくお願いいたします。

日本共産党比例代表候補 岡崎ゆたか

Return Top